【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
ボイトレ

自分が一番強調したいところはどこ?

久々のボイストレーニングについて、復習がてらに書いておきます。

教室にいったのは一か月ぶり。

なまけました、すみません笑

今回はドキュメンタリー番組のナレーションを使って練習。

以下、教えてもらったこと。

1.たてるところを考える

原稿を前にして、すぐに読むのではなく、

まずはなにをなにを言いたいのか、考えること。

自分が言いたいこと、協調したいところはどこか、把握することが重要。

先生はこれを「たてる」を言っていました。

たてたい部分を決めたら、次はどんな風にたてるか考えること。

高くしたり、ゆっくり言ったり、勢いよく言ったり。

大勢を前に話すときは、一人ひとりターゲットを変えて話すこと。

たてる練習は大げさに。

ふり幅の限界値を大きくできれば、あとはそれを調整して

自分のものにしてけばいいとのことです。

このおおげさに、ができない!笑

やはり少し恥ずかしい!笑

先生はそれを見かねて、お祭りの掛け声のようなセリフを一緒に

よんでくださりました。

それで少し勢いづいたのか、おおげさにたてることもできるようなりました。

2.人前では表情を明るく!

また、口角を上げて表情を明るくすることも大切。

暗い人間からの言葉を興味深く聞く人は多くありません。

3.舌の運動を!

かつぜつをよくするための準備運動をご紹介。

口を開けて舌をベッと出す、これを30回くらいやると

スピーチの前のいい練習になるようです。

以上、今日の収穫でした。