【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
ボイトレ

相手に効果的に伝えるには!ボイストレーニング

ボイストレーニングへ。

今回は説明文章に挑戦してみました。

説明文章は朗読より難しい。

なぜなら、説明文章には接続詞が多様されるから。

たとえば、とか、このように、とか。

話すうえで接続詞をいうポイントはずばり

相手の身になって話してあげること!

接続詞は前後の文章をつなぐもの。

ですから、前にこのような文章がありましたよね、と

相手が受け入れる状態を作ってあげることを意識しましょう!

先生はこれを「前の文章を相手においてあげる」

表現していました。

次に効果的に相手に伝える方法について。

このブログでは相手に伝えることを「立て方」としてお伝えしてきました。

文章をよく読んで、自分が立てたいところ(自分がいいたいところ)を

見つける作業が必要です。

どこを立てたいか決まったら次に考えるのは、どのように立てるか。

ここで注意しなければならないのは

ただ語気を強くするのではないこと

ただ強くしてしまうと攻撃的な読み方になってしまいます。

例えば、何か進めるときにいう「どうでしょう」という言葉も

最初の「ど」の一音だけ強くしないこと!

耳に痛い読み方になってしまいます。なめらかに全体的に気を使いましょう。

攻撃的にならないためにも有効な手段が「明るく笑顔で」ということです。

全体的に話し方が暗くなってしまう癖の方もいるので(私も)

前のエントリーも見ていただいて一緒にがんばりましょう。

www.kuro-kuro.com

常に口角を上げる練習をするだけでも違いますよ!

以上、今日お伝えしたのは

1.接続詞を話すときは、相手が受け入れる状態を作ってあげることを意識

2.立てるところは語気を強めるのではなく、滑らか明るく!

2点でした(^^♪