【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
ボイトレ

効果的な勧め方 ボイストレーニング

ボイストレーニングに行ってきましたー。

教材を一通り先生の前で発声してみて、先生から一言。

「雰囲気がね、暗い」

えぇ、まだ暗いの!?

毎回、言われていますね、暗いって。

進歩ないなぁ。

しかし私と同じ悩みを持つ方、結構いるんじゃないのかなぁ

と思いつつ、今回も話し方について勉強したことを書いてみます。

まず、今回の教材の中で

「いかがでしょう、この商品は。」

と読み上げる部分があるのですが。

聞いている人に何かをおすすめするニュアンスですね。

皆さんならどんなふうに言います?この「いかがでしょう」。

まず大前提として、何かを人に勧めてその魅力をわかってもらうには、

自分がその商品の何が魅力だと思っているのか、ちゃんと考えることです。

好きな漫画やアーティストを人に伝えるとき、

自分がその魅力を知っているからこそ、相手にちゃんと伝えることができます。

その大前提を踏まえまして、今回紹介するテクニックはこちら。

この「いかがでしょう」を自分の中に落とさないこと!

つまり、自分の中で思いを完結させてしまわずに相手に届ける!ということです。

目線はもちろん、相手のほうを向きましょう。

お客さんやお友達などへ、顔を上げて声をかけましょう。

そして言葉の方向性を意識してみてください。

この場合は「いかがしょう」の「う」の部分です。

一般的に勧める側が本気で勧めない場合、または本当にそれがいいものだと

確信できていない場合、相手に音を落とさないようになります。

つまり、「う」の部分が上がり調子の疑問形になってしまい、

自分のへの問いかけのニュアンスが出てしまいます。

逆に勧める側が本当にこれはいいものだと確信している場合、

「う」はそれまでの語調に比べて並行か下ります。

その語調を意識するとはじめにかいたように

音と思いを相手に落とす=伝えることができるようになります。

身近な場面でも例えば友達に、なにか好きなアーティストを勧める場合には

「どうかな、これ」の「な」の部分の語調を意識してみると効果的ですよ(^^♪