【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
日記

父親が直腸がんになった話

就業中。

母からの電話。

そろそろ電話きそうだなって思ってた。

今日は父の検査の日だから。

「もしもし、今電話大丈夫?」

「うん、大丈夫。検査どうだった?」

「今、お医者さんから話があって。お父さん、直腸がんだって。」

「そっか。やっぱりか」

母も私もあまり焦らない。だって知ってたから。うっすらだけど。

「これから手術の日取りとか決めるんだって。

 

あとリンパのほうに影があるから、手術の時にそれも調べるって。」

「転移ってやつ?」

「うん、そうみたい。あと、人工肛門になるみたい」

人工肛門?聴いたことあるけど。全然わからなかった。

「人工肛門?それどういうの?」

「私もよくわからないけど、小腸に案をあけてどうにかするらしい」

どうにかって。まぁ急に人工肛門って言われてもわかんないよね。

「保険は?手術費とか大丈夫?」

「それが、肛門のほうは保険がおりないって言われたみたい。

 

もう一度よく聞いてみる。」

母とそんな話をした後、父から電話。

「今おかあさんから聞いたよ。大丈夫?」ってしか言えなかった。

大丈夫じゃないだろうけど。でも、これしか思いつかないし。

「うん、気が重いけど。これから親戚にも電話するよ」

「うん、近いうちに私もそっちに帰るから。」

これだけ話して電話をきった。

直腸がんか。よくある話だよね。親ががんなんてさ。本当によくある話だよ。

人工肛門か。私の父親、人工肛門マンか。

ちょっと調べてみよう。