【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
旅行

セブ旅行 1日目 飛行機に乗り遅れる

セブにいってきた。

セブ島。

フィリピンの。セブ島。

海。海。海。な旅。

成田空港第二ターミナルにて友人と合流。
背がでかいから遠くから見てもすぐわかる友人。こういうときめっちゃ便利。

とりあえず出発の2時間に集合して

セブ・パシフィック航空のカウンターにてチェックイン。
私はリュック一つ。友人はちっちゃなキャリーケースひとつ。
どっちも機内手荷物にてOK。

印刷したEチケットをだして航空券ゲット!
なんかウェブチェックという方法もあったみたい。
なにそれ。いろいろ条件はあるみたいだけど、

7、8時間は早めにチェックインできるらしい。初耳。

この時点で昼前なので、空港内の天丼屋さんでそばと天丼を食す。
その後、マスクと虫よけをトラベルショップに併設されている薬局で買う。

マスクは空港内のセブンのほうが安かった。
ちなみにセブンにATMがありますよん。

薬局で虫よけを見つけるのに苦労して店内をくまなく探すとなぜかTENGAを発見。
虫よけよりも目立つところに置かれていたなんでやねん。

出国手続きをすべて済ませた後、両替を忘れていたことに気が付く。
歩き回ってようやく両替所を発見。出国審査の入口ちかくにあるじゃん!
両替所のおねーさんに1万ペソまでしか両替できないといわれた。なんでだろ。
(この時友人は机にパスポートを忘れそうになっていた。危ない……。

私は事前にこれを買っていたから大丈夫だったけど。
これがなかったら、パスポートとか100回くらいなくしてる。おすすめ、これ。)

両替が終わって時計をみるとなんと搭乗時間1分前。
走る私たち。
そこへアナウンスがはいり、私たちの名前が呼ばれる。
「○○さん、はやく乗ってください」
空港に鳴り響く私たちの名前。
めっちゃ恥ずかしい。
走って走ってやっと搭乗口についた。
添乗員さんはあきれ顔。
ほんとにごめんなさい。
でもどこで時間をロスしたのか考えると、
チェックインは2時間前にした。
その30分くらいでご飯を食べて。
なんだかんだ買い物して。
出国手続きして。
両替して。
保安検査は搭乗時間の一時間前に終わらせていたはずなんだけどな。
……。
飯か?飯なのか?天丼か?
次回は気を付けます。
おくれてごめんなさい。セブパシフィック航空さん。

セブパシフィック航空はLCCで機内はちょっとせまい。
友人は足が長い。背がでかい。マット運動が苦手。

だから、デスノートのLみたいな座り方しないと乗れないみたい。
難儀や。

f:id:g041j040:20180814144431j:plain

↑ こんな感じの座り方。実際友人の顔もこんな感じ。

離発着のときって客室乗務員さんに窓の日よけを開けてって言われて、

毎回なんでなんだろって思ってた。

それって乗務員さんが外の異常、たとえばエンジンの煙火などを

よくみえるようにするためなんだって。
知ってた?私は知らなかった。

安全な空の旅のためだったんだね。頭が下がります、航空会社さん。

そういえば機内で渡された入国カードはホテルの住所がすっとかけなくて困ったな。

次回に続くー。