【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
読書

ホリエモンにやばいって言われてピロリ菌検査した。20代の胃にピロリ菌はいるか。

Amazonでぽちったこちら。

今回はこの本をご紹介。

ピロリ菌やばい ([テキスト])

ピロリ菌やばい ([テキスト])

 

そもそもピロリ菌とは

正式名称をヘリコバクターピロリという
胃の中に住み着いている細菌。
ph 12という強酸性の胃酸なかでも、

生き抜くことができる。
彼らが出すウレアーゼという酵素が

それを可能にしている。
その生態もさることながら、

特筆すべきは
彼らがいると胃ガン、

慢性胃炎や胃潰瘍、

十二指腸潰瘍を誘発することだ。
WHO (世界保健機構) の外部組織である

IARC (国際がん研究機関) は
「ピロリ菌は胃がんの原因である」

という報告を1994年に出している。
これはがんの原因が

細菌感染であったことを意味している。

なぜ私は今ピロリ菌を検査するのか

わたし弱いのだ。
胃が。
弱すぎる。弱胃のなのだ。
毎年胃腸炎になる。
大学時代は胃腸炎で救急車。
そのときは高熱、背中をナイフで

さされたような体の痛み、
激しい腹痛に襲われて。
更に体が長時間強ばったためかな?

四肢の痺れ、
感覚麻痺も追加オーダー。
死ぬ。そう思いましたヨ。

解熱剤を飲んでめっちゃ寝たら

治ったけど原因はわからず。

とりあえずウィルス性胃腸炎と判断された。
原因不明っておいドクター。

それだけでなく、私は

ウィルス性胃腸炎の他に、
ストレス性胃腸炎、

逆流性胃腸炎も経験した。
ね、弱胃でしょ。
私の父も大腸癌で亡くなったし、

消化器系が弱いみたい。

そんな私が偶然にも書店でこの本を発見。
ホリエモン×ピロリ菌。

ふむふむ。

彼、こんなこともやってるのね。

もともとピロリ菌については
知人がかの菌を駆除したところ、

胃の調子がよくなったという噂も

聞いており、
その存在を知っていた私。
この本買えば、簡単にピロリ菌がいるか

検査できんじゃん、
しかもこの本、1680円か

安いなへへへと思って
この本との最初の邂逅から、

しばらくしてからポチったよAmazonで。
(最初書店で見つけたときに

買えばよかったのにね、

初動が遅い私)
※本当はこれを買ったあとに

検査料としてネットで
2500円を払う必要があるよ。
でも、病院にいかず自宅で検査を
完結できるのはやはり楽よね。

 この本の内容とすべきこと

この本には以下の4点が封入されている。

f:id:g041j040:20180831215201j:plain

1.本 ホリエモンがピロリ菌の危険性と予防医学普及の必要性を説く本
2.尿検査キット
3.検査センターへ送るための封筒
4.受付表

まずは本っていうか冊子?
を読む。てか、一番重要なことが

最初に書いてるんだけど、
まずこのセットを買っただけでは

検査できない!
別途 ネットで2500円を払う必要がある。
まあね、さっきも書いたように
自宅で完結できるのは

大きなメリットだよね。

 ということで、私も早速スマホで

支払いを済まして
検査センターに送った。

検査結果は2週間くらいかかるらしい。

頼むぞ

ホリエモン!
胃腸の平和を

取り戻せ!
ってまだピロリ菌の存在を私の胃に

確認できたわけではないけどね笑