【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
恋愛コラム

ラインの返事がそっけない、つめたいと悩んだときの3つの対処法

え、このラインなんか冷たくない……?彼氏・彼女とラインをしていてこんなことを思ったことはありませんか?

ラインってその人なりの感覚でそれぞれが何気なくつかっていますよね。スピーディにメッセージをやり取りできて、とても便利なものです。

しかし、メッセージ一つに対して相手が少しでも解釈を間違えると誤解を生んでしまい、ケンカに発展してしまうことも。

たかがライン。されどライン。

相手のラインひとつで、さみしい、かなしい、いらいらしちゃうのはもういやだ!
そんなあなたの為に気持ちを整理する方法を3つご紹介します。

不安になることを伝える

相手の短い(顔文字がない)ラインに対して、自分がどうしても我慢できない場合は一度その旨を伝えてみましょう。不安になってしまうから、もう少し丁寧にラインをしてほしい、などです。

よく男性のラインはそっけない、などと言いますが、私から言わせてもらうならば、女性でもそっけない人はいます。男女共通してパートナーとのラインについて感じる人はいるようです。

ちなみにですが、ラインがまめなひとは優しい人が多いです。その分社交的な性格であることも少なくありません。男性は少しくらい淡泊なほうが、浮気の心配は少ないと思えるかもしれませんよ!

スタンプ1つでも増やしてもらう

文字だけだとどうしてもそっけなくみえてしまいます。ラインが苦手なんだよねという相手ならば、短文メッセージの後にスタンプを使ってもらうようにお願いしてみましょう。自分の好みのスタンプをプレゼントして、その中から送ってもらうようお願いしてみるのもありなのではないでしょうか。

ちなみに私のおすすめはこのゆるうさスタンプです。私は男ですがこれめちゃくちゃ多用しています。男性にスタンプを使われるのがいやな女性もいるんでしょうけどね。

store.line.me

趣味に打ち込む、自信をつける

相手のラインに対して、さみしい、そっけないということは、相手がラインで表現していない部分に対して不安を感じているわけです。しかし、相手だってさまざまな人間関係の中で生きています。そりゃ忙しくて返せないときだってありますよ。たまたま返事ができなくて、既読無視になってしまっただけかもしれません。

相手を信用する、というか、深く考えずないことにしちゃいましょう。どうしようもなく気になってしまう方は運動だったり、自分の趣味に熱中して忘れてしまいましょう。

自分の気持ちを伝えること

何はともあれ、相手に自分の気持ちを冷静に伝えること、まずはこれが一番大切です。相手も、あなたが悩んでいること自体に気づいていない場合が多いです。ただ不機嫌になったり、感情的になったりするのではなく、自分がどう感じており、どうしてほしいかをちゃんと説明してみましょう。相手もきっとわかってくれますよ。

今回の記事はこれで終わりです。今回は相手のラインに対して心がモヤモヤするという方に向けて、3つの対処方法をご紹介しました。