【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
ダイエット

3kg減量計画 経過報告 炭水化物ダイエットから糖質オフへ。果たして成功したのか。

これは体重62.5kg、体脂肪量 8.5kgの状態から、2018年12月31日までにそれぞれ-3kgを目指すダイエット物語です。

www.kuro-kuro.com

まずはさっそく結果発表です。

体重    体脂肪
10月20日 62.5kg 8.5kg   ←スタート時
10月31日 61.6kg   8.5kg  ←前回測定
11月30日 60.0kg   7.1kg    ←今回
12月31日 59.5kg   5.5kg       ←最終目標

11月初めは減り渋りが続きましたが、結果として10月31日に比べて、ほぼ体脂肪のみ1.4kg減らすことができました。基礎代謝も減っておらず、数値上は健康的にダイエットできたことがわかります。見た目的にはこんな感じです(本当にギャランドゥその他お目汚し申し訳ない。)

これが前回の10月31日の写真。

f:id:g041j040:20181202154409j:plain

これが今回の11月30日の写真。

f:id:g041j040:20181201084647j:plain

ウエストも少し細くなりましたねー。割れ目もちょっぴり見えてきたかな。

今回の記事ではこのお腹になるまでの経緯やダイエットのモチベーション継続方法などを書いていきます。

炭水化物ダイエットでは減量できず!

先月の様子を振り返ると、炭水化物オフによりフラフラしたり、頭痛がしたりとかなり悪い状態になってしまうことが分かりましたので、今月は朝と昼は炭水化物を摂取することにしました。

最初は1日あたり1500kcalに抑えることを目標にしていました。一方で実際に私が1日に摂取している総合計カロリーは1600kcalでした。目標に比べて100kcal多くカロリーを摂取していました。

このようなカロリー制限を11月10日頃まで続けました。そして途中経過を測定してみたところ、10月末の体重から少しも減量できていなかったのです。この測定結果を前にしてダイエット方針の見直しを余儀なくされました。

糖質を基準に管理すること!

カロリー制限は概ね計算通りなのになぜ減量されていかないのか。そこでカロリー制限ダイエットをつづけることに疑問を覚え、もう一度よく勉強してみることにしました。そうするとただカロリーを抑えるのではなく、糖質の摂取量を管理する必要があることを知りました。

今話題の糖質オフダイエットですね。糖質オフについて自身で学び実践することで、冒頭に書いたように1ヵ月で1.4kgの減量に成功しました。その時に勉強したことをまとめた記事も随時UPしていきますね。

どんな変化があった?

見た目的には胸筋近くの腹筋が盛りがって、少しはっきり見えるようになりました。
触感的にも変化がありました。直にお腹を触ってみると以前よりダイレクトに腹直筋を触っている感触が得られるようになりました

私、トレーニング中や家でリラックスしているときに服をめくって腹筋の割れ目を触るようにしているんです。はたから見たら気持ち悪いかもしれませんが、腹筋の溝や輪郭をなぞったりしながら、くっきり割れた将来をイメージするようにしています笑。

その他の変化としては、以前はきつかったズボンが少し緩く感じるようになりました。

体重が変わらないとどうしてもモチベーションが下がってしまいますよね。私は体を毎日こまめに観察して小さな変化を捉えることで、モチベーションを維持するように努めました。

ダイエット仲間を作った

ダイエット仲間やジム仲間を身近に作り、日々ダイエットの状況について報告し合ったり、情報交換をしたりすることも心がけました。私の場合は、同じ会社の先輩女性社員でした笑

糖質OFFのお菓子を分け合ったり、ジムの成果を報告し合ったりと心強い仲間でした。
皆さんも友達と楽しみながらダイエットを継続することをお勧めします。

会社では姿勢キープ!

会社でのデスクワーク中もなにかできることはないかと考えた結果、姿勢をよくして体幹を鍛えることにしました。それによって大きな筋肉である背筋を鍛えて、脂肪の燃焼を促進することが狙いです。

具体的にはパソコンの画面の高さを上にあげて(私のはもともと低くて猫背気味だった)、背筋を伸ばすように努めました。
このときに、背もたれには寄りかからないようにしました。

これは慣れるまでかなり時間がかかりました。11月10日までは30分間この姿勢を維持するだけで精一杯でしたが、月末には慣れてきて今やっと1時間を維持することができるようになりました。

呼吸法を改善 ドローイングのすすめ

またドローイングも行いました。ドローイングとは腹式呼吸を使って、お腹まわりのインナーマッスルを鍛えるダイエット方法のことです。
私もそれにならい、へそ周りの筋肉を意識してゆっくり吐いたり、すったりなどの呼吸法を業務中に行いました。

また以前何かの番組でモデルさんが「ずっとお腹をへこませていたら、実際にそのようにお腹の肉がなくなって、お腹がへこんだ」と話していたのを思い出し、そんなこともやってみました(笑)

11月を振り返って

1ヵ月で体脂肪を1kg落とすという11月の数値目標は達成することができました。しかし正直に言って、数値の変化に比べて見た目の変化が伴ってないように感じます。つまり当初の予想として、11月末に60.1kgを達成した暁には、見た目的にもっと割れているはずだと考えていたのです。

しかし現実は違いました。そう考えると、このまま計画通りに体脂肪が減っても、12月に本当に腹筋の割れ目がくっきりと見えるようになるのか、心配になってきます。依然として私のお腹に蓄積された脂肪が暴力的なまでに存在感を放っているからです。

特にへそ下は依然として脂肪がとれません。寝たり座ったりするとここのお肉が下着からポコっとでます。ここの肉がごそっと落ちてくれればいいのに、どこの肉が落ちているんだ!と脂肪を指でつまみながら、くじけそうになります。しかし、上記にあげたモチベーションUP術を駆使して、減量を継続しているのが現状です。

ドローイングや姿勢維持などを業務中に行うことは慣れないと結構つらいと思います。そのため、思い出したら行うという気楽な感覚で取り組むことにしています。

12月に向けて

いよいよ3kg減量計画のラスト1ヵ月が始まります。今まで順調に体脂肪量を落とすことに成功しています。あとは、残り1ヵ月で体脂肪量のみ1.6kg落とすことが目標になります。

今のペースでいくと成功しそうですが、いくつか問題が発生する可能性があります。それは体脂肪の減り渋りや糖質オフのしすぎによる体調不良、さらには忘年会シーズンによる過剰糖質摂取です。様子をみつつ無理のない範囲で減量を継続していきます。

現時点で年末年始における焼肉パーティの予定が3件も入っていますが笑