【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
ダイエット

【脳科学!?】2年間の筋トレ・ジム通いを継続させたメモ帳活用術

こんにちは、プロテインの味は絶対ミルクのクロです。

今回の記事は、筋トレしている方々はどうやって毎回の筋トレの回数や重量を管理しているのか、ふと疑問を持ったことに端を発しています。

私の今までの筋トレ記録を簡単に振り返りつつ、私がジム通い継続を成功に導いているモチベーションUP方法もご紹介します。

他の人はどうしている?筋トレ管理方法

筋トレしている方々はどうやって毎回の筋トレの回数とか重量を管理しているのか、フォロワーさんに聞いてみました。

フォロワーさんの中には、次回トレーニングまで重量を覚えている猛者もいるようです。私は記憶力ないよそんなに(笑)!

あとはスマホのアプリを利用すれば便利だよと教えて頂きました。

私はアナログのメモ帳手書き派!

私の場合はこのメモ帳に手書きで記入しています。アッナログ~。

これは私がジムに入会した時にジムからもらったものです。ジムから作ったメモ帳だけあって、中身は筋トレ用になっています。このように種目、回数、重量などを書けるようになっています。

はじめに書き始めたがこの日ですね。ここから私の筋トレ人生が始まっているようです。懐かしいな。

ところどころに書いてあるコメントが面白い。次回トレーニングの注意点や、私自身を励ますコメントを書いています。

例えばこれ。

正しいフォームで、とか。筋トレはいくら重くしてもフォームが崩れてると全然効きませんからね。

こしきをつけて。

それにしても字、汚すぎですね……。ほら、筋トレ後って疲れてて手に力も入らないし、しょうがないんですよね、うんうん……。

筋トレを継続できたのはメモのおかげ

このメモを振り返ってもわかるように私は2016年8月からジムに通い始めて、現在まで継続できています。そのおかげで太ることもなく腹筋も割れて、かなりいい調子で体型維持ができています。

その立役者は間違いなくこの手帳でしょう。毎回数値で記録をつけることによって、目標地点に対して今自分がどこにいるのかが明確になります。この手帳をくれたジムさんありがとうございました。

筋トレにおけるメモ帳活用術

2年間メモ帳を活用してきた私が、筋トレにおけるメモ帳活用術をお伝えします。
この方法を使えば、だれでもモチベーションの継続に役立てることができるでしょう。

と、言ってもすごく簡単なことなんです。

それはずばり、次回ジムにくる日付を書いてしまうこと。

その日のワークアウトが終わったら、次回ジムにくる日付と挑戦する重量を前もって書いておくのです。これは予定を入れておく、という意味とは少し違います。

本当の狙いは、あたかもその日に来たかのよう疑似的な既成事実を先につくってしまうことによって、この日ジムにいくにはどうすればいいか、というように脳が勝手に働くように仕向けているのです。

脳の仕組みとは面白いものであり、これと似たようなことをもうひとつご紹介しましょう。それは、笑顔をつくることで脳が楽しいことや幸せなことを勝手に探し始めてくれる、というものです。

これによりどんどんプラス思考になって何事に対しても生産性があがるという脳の仕組みを利用したライフハックです。

少し話がそれましたが、その日のワークアウトが終わったら、次回ジムにくる日付と挑戦する重量を書いておくのはかなり有効なモチベーション継続方法なので、皆さんもぜひやってみてくださいね。

目標はこのメモ帳を書き潰すこと!

この一冊を書き終えるくらいには筋トレを継続します。と言っても無理はしません。

何ごとにおいても継続に必要なことは、自分が辛いときに以下にローギアに切り替えて、その習慣を途絶えさせないか、ということにつきます


これからもこの手帳といっしょに筋トレに励みます。

(アプリ便利そうだな笑)