【結果報告】果たしてシックスパックは手に入ったのか
読書

第160回直木賞受賞の真藤順丈『宝島』を読んでみた

夕方に会社のテレビで直木賞受賞のニュースを見た後、本作を買うために会社から最寄の書店にいきました。
店に入ってすぐ目の前の棚に直木賞候補作がずらっと並べられており、その候補作は高々と山積みにされていました。
しかしこの宝島だけが、最後の一冊として棚に置かれていました。おそらく宝島に関してももともとほかの候補作と同じくらいの高さまで積まれていたはず。
直木賞受賞を報じられたとたん、多くの宝島が読者の手に渡ったのでしょう。

本作は1952年から1972年の沖縄の歴史とともにその物語が進んでいきます。
エンターテイメントとしての面白さは、とにかく抜群です。義賊のような活動をする戦果アギヤーの英雄であるオンちゃん。アメリカ軍の基地に忍び込み、作戦中に突然消えてしまいます。オンちゃんの親友、弟、恋人のそれぞれ3人は自分の役目を果たそうとそれぞれの道を歩きはじめます。
そのうちの一人は反米テロリストとなり、消えたオンちゃんの意思を全うしていこうとする点は男心をくすぐりました。
そして警察官となった親友と、時には激しくぶつかりあいながらも、ともにオンちゃんの真実に近づいていく様はとても緊張感があり、はやく続きが読みたいと思わせる一つの魅力となっています。
一方、オンちゃんの恋人は教師となり、実際に起こったと戦闘機墜落事故まどの事件に相対する姿も、その事実の主さと相まって、ずっしりと心に響いてきます。
登場人物の全てがアツいんです、この物語は。

しかし、私のように沖縄について不勉強な人にとっては、読むにあたって注意が必要です。あぁ面白かった、だけでは済まされない何かを私の中に生み落としていきました。
登場人物の細かい心理描写を通して、我々が沖縄に押し付けてきた苦悩をまざまざと感じさせてくれます。

物語の語り部がだれか気になっていましたが、最後には明かされるので、なるほどそういうことか、納得しました。
物語中に、沖縄の方言というか、もはや「沖縄語」と言ってもいいような言葉がでてきます。
例えば、みなさんが知ってる「なんくるないさ」(意:しょうがない)をはじめ、「あきさみよう」(意:あれまぁ!)などです。
これらの言葉に慣れないため、 最初こそ違和感があるものの、読み始めるうちに気にならなくなります。
それだけでなく、その沖縄言葉にその親近感さえ憶え始め、その言葉が、沖縄の歴史に触れるための通行手形のように想えてきます。
この言葉に全く違和感を感じずに読み進めていたことにふとに気が付いたとき、私は改めてこの宝島に「あ、ハマったな」とはっきりと自覚したのでした。

沖縄の歴史に無知であった自分を、とても恥ずかしいと感じました。正直に言って、それまでは旅行の対象としかみていませんでしたから(いまだ行ったこともありません)。常識におさまりきらない物事にこそ、真実の片鱗はかくれている、という言葉が印象にのこっています。